ビジネスマナーを
覚えておくと
かなり役に立ちますよ!
◆◆ 転職エージェント ◆◆

今や転職をするなら転職エージェントの利用はマストになっていますが、たくさんありすぎてどこを選べばイイか悩んでしまいますよね?
そこで、利用者満足度の高い転職エージェントについて一覧で、特徴と共にお教えしたいと思います!

○マイナビエージェント
条件が良いとされる非公開求人ですが、なんとマイナビエージェントの求人の内8割が非公開求人であるとされています(正確な数字は非公開ですが...)
IT・医療系など専門職に強い転職エージェントの為「技術を持った即戦力」を求める求人が多いというのがその理由でしょう。

○typeの人材紹介
利用者の7割が年収アップを実現しているという転職エージェント。得意とするジャンルはIT・エンジニア・営業・企画・ジム・コンサルとかなり幅広く「どこを選ぶか悩む」という人は、まず登録してみてもよいでしょう。

○DODA
求人数の多さがダントツの転職エージェントです。色々登録したけどいまいち、という人は最後の望みをかけてみてもよいでしょう。スカウトサービスもあるので、経歴を登録して待ちの姿勢で転職をするということも可能です。

◆◆ 第二新卒 ◆◆

最近求人情報の採用枠を見ると「第二新卒」という文字をよく見かけます。
「第二新卒」とは定義は明確にされていませんが、
一般的に就職してから3年以内に退職をした人で大体25才くらいまでの人のことを言うようです。

企業から見れば第二新卒者は期間は短いにせよ一度就職を経験しているので最低限のビジネスマナー、ビジネススキルを身につけていることから一から教育する必要がありません。
また前の会社での勤続年数が少ないのでまだ企業風土に染まりきっていないということもあります。

ただ、第二新卒者を採用する企業が増えてきているとは言え短期間で前の会社を退職したというマイナスの見方もあるのは事実です。

ですから面接の際は、前の会社を退職した理由と志望動機がとても重要なこととなります。
転職エージェントの中には第二新卒の転職支援に力を入れているところもあるようで、
第二新卒に応じたアドバイスや相談に応じてもらうことができます。

転職エージェントは数多くありますが、ネットを利用して転職エージェントの一覧から自分にあったところを探すことが出来ます。
その場合エージェントによって案件が違いますから複数登録するのが一般的のようです。

Copyright(c)2012. ビジネスマナー講座 All rights reserved